カーテンの束ね方ひとつで美部屋に一歩近づきますよ

家結び.COM

カーテン。

どこのおうちにも、どっかにはぶら下がっているのではないでしょうか。
(ブラインドを付けているおうちにはないかもしれません)

お部屋がきれいだな、素敵だな、って魅せるちょっとしたコツのひとつなんですが、
カーテンを束ねるときほんのすこーしだけ気を使ってみてください。

腰のベルトを締めるとき、ちょっとシャツを整えたりするでしょう?

髪をゴムで束ねるとき、ちょっとクシを通したりするでしょう?

そんな感じで。

カーテンを束ねるときにも、ちょっとだけ、整えてみるだけで、けっこう部屋ってちゃんとしているようにも見えるもんです。
コストゼロです。
数秒のことです。

朝起きて、ワーッカーテンあけるそのほんの数秒、意識してきれいにカーテンを束ねるだけ。

だまされたと思ってやってみてくださいね。
習慣になれば無意識のうちに綺麗に整えるようになりますから。
今日はあっさりとこんな話。

プロフィール

三宅 利佳(ジェイブルー)

インテリアコーディネート事務所 ジェイブルー

●インテリアコーディネーター  980877A
●2級建築士
●AFT色彩検定 1級

美しく暮らすにはそれなりの努力が必要です。
例えば掃除、整理整頓、時々の模様替えや花を活けなおしたり・・・。

どうせすぐ使うから
どうせすぐ汚すから

そう言ってやりっぱなし出しっぱなし汚しっぱなしの生活は
確かに面倒がなくて便利ですが
便利ばかりを追求していてはあっというまに雑多な空間になります。

美しい部屋、居心地の良い部屋というのは
日々手をかけ続ける面倒臭さを内包しています。
でも、そのことを放棄しないでください。

部屋は人の心を表すと思いませんか。

インテリアコーディネーターがお手伝いできるのはほんの最初の舞台づくりだけ。

「こうありたい理想の自分」を思い描いて
ぜひ素敵な住空間を維持してください。
それが、生き方にもつながるのだろうと思います。

三宅 利佳(ジェイブルー) さんの記事

関連する記事

    関連の記事はありません。